診療案内

診療のご案内

インプラント

宮前はっとり歯科では、インプラントの「良さ」も「欠点」もしっかりとご説明し、その上で治療するかどうかを伺います

インプラントは、歯周病や虫歯、事故などで歯を失ってしまった場合の治療法です。失ってしまった部分の顎の骨にチタン性の人工歯根を埋め込み、骨と人工歯根が結合するのを待ってから、歯を装着します。

近年、無理なインプラント施術によるトラブルも増えております。

当院では、お一人お一人に合う「安全かつ最適な施術方法」を勧めていきます。

インプラント治療

従来の「入れ歯・ブリッジによる治療」は、健全な歯を削る必要があったり、装置を維持する為に周囲の歯に負担をかけたりと、周囲の健全歯を犠牲にする必要がありました。

dd インプラントの場合は、失った歯の根の部分を人工的に作り、その上に通常の歯の被せ物を装着する治療法ですので、周囲の歯に影響を与えない利点があります。
現在の治療法の中で歯を根の部分から回復できるのはインプラントしか無いため、第二の永久歯とも言われ、天然の歯と同じように噛むことができます。


材質について

材質は生体に親和性の高い純チタンであり、顎の骨の中に埋め込む簡単な手術(奥歯の抜歯と同程度)を行い、その後に上に歯を作ります。歯を失った部分を、隣の歯や他の歯に力を借りることなく、失った部分だけを修復する・・・それがインプラントです。
また、治療後は自宅での正しいケアと、定期健診をきちんと行うことにより長期に渡って安定した状態を保つことができます

インプラントは、次の2パターンの方に適した治療法です。
1.部分入れ歯がイヤな方
● 部分入れ歯(部分義歯)を用いた治療法
  • 取り外しをする。違和感がある。
  • 食べにくい。食べたものが挟まりやすい。
  • 金具(クラスプ、ばね、鈎)が必要で、見た目が悪い
  • レスト窩(ストッパー)を設けるために天然歯牙を削ります。
● インプラントを用いた治療法

2.健康な歯を削りたくない方
● ブリッジを用いた治療法
  • ブリッジで治療する場合には両隣の歯を削らなければなりません。
  • 健康な歯は削ることによりその歯の寿命を短くする恐れがあります。
● インプラントを用いた治療法
  • 隣の歯を削らずに治療できます。
  • 自分の歯と同じように使えます。
ブリッジ・入れ歯・インプラントの比較解説
  ブリッジ 入れ歯 インプラント
模式図
機能性
咬む力を両隣の歯に負担させる
(両隣の歯は通常より約1.5倍の負担)

咬む力を両隣の歯と欠損部の歯肉で負担させる(歯肉に多大な負担がかかり、咬む力は天然歯に比べ30%程度しか回復でしない。また両隣の歯にも常に負担がかかる)異物感が大きい。

咬む力をインプラントを通して顎の骨に負担させる 天然の歯とほとんど変わらぬ咬み応えで、お食事を楽しめる。
審美性
治療の必要のない歯を削ってつなげるため自然観が損なわれる

周囲の歯にかける針金が目立つ
広い範囲の歯肉に咬む力を分散させるため歯肉を人工歯肉で大きく覆う必要がある

周りの歯に影響を与えないので周囲の自然観を損なわず、天然歯に近似している
永続性
装置の大きさにもよるが、保険適応の金属では概ね3〜5年

歯肉が常に圧迫されるため歯肉と顎の骨に変形が起こりやすく6〜12ヶ月おきに調整、作り直しが必要

データによると10年で95%程度、20年で90%程度の永続性が立証されている
インプラント治療の適応
年齢的な上限はありません。基本的にどなたでも治療を受けることができます。
しかし、次の項目の当てはまる方の場合はできない場合もあります。
  • 骨の成長が終わっていない方
  • コントロールされていない生活習慣病を患っている方(歯周病も含)
    (高血圧や糖尿病などがコントロールされていない場合には外科処置自体ができません。治療、投薬により安定している場合には問題ありません)
  • 心筋梗塞や脳梗塞により抗凝固剤(特にワ―ファリン)を服用している方、骨粗鬆症の方
    (術後の止血の問題があるため、主治医の先生と相談した上で可能かどうか判断します。病状が安定していて、一時的な休薬が可能な方の場合は問題ありません)

TOPへ
© 2011- 医療法人 宮前はっとり歯科 All Rights Reserved.