診療案内

軽く強く美しい新材質『ジルコニア(オールセラミック)』

ddジルコニア(オールセラミック)は、従来の差し歯の内面の金属部分を酸化ジルコニウムという高強度ファインセラミックを用いて作った差し歯です。現在、海外でも広く使われ、オールセラミック治療の主流になっています。

ジルコニアは、スペースシャトルの断熱保護剤、人工股関節などに10年以上前から用いられている材料です。ジルコニアは、金属より硬いにもかかわらず、重さは金の3分の1程度と軽く、また金属を使っていないので、金属アレルギーをお持ちの方にもお使い頂け、金属に含まれる銀イオンにより歯茎が黒くなってしまう心配もありません。

つまり、セラミックの審美性・安全性と金属の強度を兼ね合わせた次世代の歯科材料と言えます。


メタルボンドについて

ddメタルボンド(陶材焼付鋳造冠)はセラミックを補強するためと精度を良くするために金属フレームを作製し、その上にセラミックを盛る材料です。表面はセラミックなので、経時的に艶が落ちる心配もありません。


ハイブリッドセラミックスについて

ハイブリッドセラミックスは、金属フレームを作製し、その上に陶材とプラスチックを混ぜ合わせて作られた材料で、これにより歯と同じ色と硬さを再現することができるため審美的にも優れ安定しています。
しかし、プラスチックが含まれているため経時的に艶が落ちていく傾向にあり前歯での全体を覆う治療には適していません。
また、歯軋りの癖がある方や咬む力が非常に強い方の場合、欠けてしまう場合もあります。

--

TOPへ
© 2011- 医療法人 宮前はっとり歯科 All Rights Reserved.